スチームクリーナーのおすすめ比較ランキングを口コミ!

こちらでは、スチームクリーナーのおすすめ比較ランキングをご紹介します。
スチームクリーナーは「ケルヒャー」や「アイリスオーヤマ」等が有名ですが、目立たない製品の中にも優れた製品は存在します。具体的な根拠を元にランキング形式で紹介するので、是非内容を参考にしてください。

スチームクリーナーの基礎知識を口コミ解説!比較用に理解しよう

スチームクリーナーの比較時には「知っておくべき大前提」が存在します。
購入した後に間違えに気づいても遅いので、是非購入前の段階で詳細を把握しましょう。

スチームクリーナーとは?どんな掃除が得意なの?

そもそもスチームクリーナーは「高温の蒸気を噴射する事で、対象を掃除する商品」です。

そのため「得意&不得意な掃除対象」として、下記内容が挙げられます。

スチームクリーナーの得意な掃除対象

ひどい油汚れ、フローリングの掃除、カーペットや畳のダニ退治、窓掃除、ガラス掃除、ソファ掃除、

スチームクリーナーが苦手な掃除対象

車のボディ等の「塗装禿げ」が起きる部位全般

基本的には「油汚れ・雑菌・ダニ退治」等、幅広い点に使用出来るのですが「塗装が禿げる可能性がある部位」のみ、使用することが出来ません。車の洗車には利用できないので予めご了承下さい。

形状ごとの特徴とは?キャニスター型(掃除機型)が一番?

スチームクリーナーと一言で表しても、実際には下記3タイプに分類できます。

スチームクリーナー ハンディクリーナー スチームモップ
商品画像 fast handy moppu
似た製品 掃除機 特になし クイックルワイパー
良い点 あらゆる掃除に対応可能なオールラウンダー 軽く、持ち運びに便利 床掃除に特化
悪い点 掃除機並みの重量 スチームの品質&稼働時間が短い 床以外に利用不可
スチームの方式 ボイラー式 パネル式 パネル式
スチームの品質
とても良い
130-150℃
ふつう
70-90℃
ふつう
70-90℃
連続稼働時間
(目安)
とても良い
45分
ダメ
10分
ふつう
15分
準備時間
ふつう
7分
良い
1分
良い
1分

※方式については次の項目で解説します。

最近では「取り回しに便利」等の理由から「ハンディタイプ」や「スチームモップ」等が人気です。しかし残念ながらこれらの機種は「スチームの質・稼働時間」において一般的なスチームクリーナーに負けています。

そのため、当サイトでは「王道の商品をオススメする」というモットーの元、スチームファーストをオススメしています。

ボイラー方式とパネル方式の違いとは?

上の表にも記載が有るように、スチームクリーナーには大きく分けて「ボイラー方式」と「パネル方式」が存在します。そこで、それぞれの詳細について解説します。

ボイラー方式の特徴とは

電気ポットの様に本体内で高温の蒸気を作り出し、それを噴射する方式です。スチーム完成まで6~8分程度かかりますが、出来上がったスチームは「高品質(高温度」かつ「長時間噴射が可能」なため、本気の掃除に向いています。

パネル方式の特徴とは

「高温にした筒状の金属」の中を水を通過させることで、スチームを作り出す方式です。待ち時間が少なくスチームを作り出すことができますが、その代わりに「スチームの質が低い」や「連続稼働時間が短い」という特徴を有しています。

当サイトでは当然のごとく「ボイラー方式の製品」がオススメです。
基本的には「掃除機型のスチームクリーナー」は全てボイラー方式なので、商品選択時に参考にしてください。

方式別おすすめスチームクリーナーランキングを紹介!

次に方式ごとのおすすめ商品を2つずつ紹介します。

スチームクリーナー ハンディクリーナー スチームモップ
商品画像 fast handy moppu
似た製品 掃除機 特になし クイックルワイパー

それぞれの製品の特徴を見極めて、ご自身の希望にフィットする製品をお考え下さい。

【スチームクリーナー】最もオススメ製品はスチームファースト!

上でもお伝えしてきた様に、最もオススメの製品は「スチームファースト」です。

当サイトでNo1の商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
稼働時間45分
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト

当製品は「基本的なスペック」が全体的に高くオススメ出来ます。

  • 13種類19個のアタッチメントが付属
  • スイッチロック機能搭載でお掃除簡単
  • 専用洗剤「スチームマジック」が最初から付属
  • +1000円でスチームマジックの原液を購入可能
  • 保証期間が安心の1年間
  • これだけ詰まって2万円以下の価格設定

元々は、専用洗剤である「スチームマジック」が別売りでした。しかし今では当初から付属しますし、1000円追加で原液も購入可能です。基本的には当製品を購入すれば間違いありません。

【スチームクリーナー】ケルヒャーSC2は標準的な商品です

スチームクリーナーの中でNO2として「SC2」が挙げられます。

ケルヒャー SC2
ケルヒャーの標準モデル
ケルヒャー SC2
3
会社ケルヒャー
価格18280円
稼働時間30分
特記事項特になし

世界的に有名なケルヒャーが製作しているだけあって「標準的なスチームクリーナー」だと言えます。ただ上でオススメをしているスチームファーストは「SC2を凌駕する製品」として製作されているため、比較をしていくとかなり残念な結果になります。

  • 8種類9個のアタッチメントが付属
  • スイッチロック機能は搭載
  • 連続稼働時間は30分
  • おまけ等も特になし

もちろん通常利用には問題ありませんが、特に当製品をオススメする理由は存在しません。

【ハンディクリーナー】持ち運びに特化したH2OスチームFX

ハンディスチームクリーナーの中でイチ押しの商品が「H2OスチームFX」です。
当製品は、ハンディスチームクリーナーの中で最も軽いため「スチームの品質や時間面で劣っていても、軽い製品が欲しい」という人にはオススメ出来ます。

普通のスチームモップです
H2OスチームFX
4
会社ダイレクトテレショップ
価格10800円
稼働時間10分
付属品6種類7個
H2OスチームFX

床掃除に対応したアタッチメント等は付属をしていないため、フローリング掃除を行いたい場合はスチームファースト等、別の製品を購入しましょう。

【ハンディクリーナー】基本的な機種シャークスチームポータブル

H2OスチームFXに比べて「若干重くなるが、稼働時間が増えた商品」が、こちらのシャークスチームポータブルです。

シャークスチームポータブル
少し大きめのハンディタイプ
シャークスチームポータブル
3
会社シャーク
価格11940円
稼働時間10-15分
特記事項上位モデル有り

多少のアタッチメントの違いはありますが、基本的にはH2OスチームFXとほぼ同じです。価格的にH2OスチームFXの方が安いため、当サイトでは上記製品をオススメしています。(参考サイト:車売るならこちらのサイトがおすすめです

【スチームモップ】シャークスチームモップが普通におすすめ

スチームモップは機能が少ない製品のため、細かい比較を行なえません。
そのため「スペックが全体的にしっかりしている」という事で、シャークスチームモップを最もオススメしています。

普通のスチームモップです
スチームモップベーシック
4
会社シャーク
価格13800円
稼働時間15-20分
特記事項パッド2枚付き
スチームモップベーシック

ただスチームモップはパネル式のため、どうしても「スチームの質」ではキャニスター型に劣ります。そのため「多少スチームの質が悪くても、床掃除に特化した製品が欲しい」という場合のみ、こちらを選びましょう。

【スチームモップ】安価なアイリスオーヤマSTP-201

当製品は、安価な代わりに重いスチームモップになります。

アイリスオーヤマSTP-201
安価なスチームモップ
アイリスオーヤマSTP-201
3
会社アイリスオーヤマ
価格6980円
稼働時間10分
特記事項特になし

シャークに比べて1.5倍以上重いため、ご年配の方の利用は大変かもしれません。またスチームの品質においてもシャークには劣っています。あまりオススメできない製品です。

まとめ~やはりオススメはスチームファーストです

スチームクリーナーには様々な製品が存在しますが、、、
やはり総合的に判断をすると「スチームファースト」が圧倒的にオススメです。

当サイトでNo1の商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
稼働時間45分
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト

ハンディタイプ等の製品を購入した人の中には「思ったより汚れが落ちなかった」等と言う人がいますが、残念ながらそれは「スチームの温度&量」が不足しているのです。(参考サイト:おすすめスチームクリーナー紹介

当製品は、掃除機程度の重さでほぼ全ての汚れに対応出来ます。是非こちらを規準に商品をご検討下さい。

スチームファースト公式サイト