1. ホーム
  2. ハンディスチームクリーナー
  3. ≫スチームクリーナー「HSC1210」の徹底解説

スチームクリーナー「HSC1210」の徹底解説

r

当ページでは、ハンディタイプのスチームクリーナーである「HSC1210」について解説をしております。アメリカの老舗企業である「ブラック&デッカー」より発売された当モデルですが、本当にオススメ出来るのでしょうか。詳細について解説をしていきますので、是非ご確認下さい。

ハンディタイプクリーナーにおける位置付けを確認

では最初に、当製品のハンディクリーナーにおける位置付けを解説していきます。

H2O
スチームFX
シャーク
ポータブル
STM-306 STP-102 HSC1210
商品画像 h2o shark-portable stem-306 stp-102 hsc-1210
商品評価 星4個 星3個 星2個 星2個 星2個
現在のページ
とても良い
こちらを解説中
商品特徴 ポータブルの
代表モデル
ポータブルの
代表モデル
STMの
上位モデル
入門モデル 特徴無し
連続稼働時間 10分 10-15分 12分 10分 12分
タンク容量 225ml 400ml 300ml 300ml 350ml
重量 980g 1.5kg 2kg 1.6kg 2.45kg
標準モデル
価格
10800円 11940円 9480円 9800円 7550円
上位モデル
価格
無し 18140円 無し 無し 無し
上位モデル
追加内容
無し アタッチメント
パッド3種類
延長保証
無し 無し 無し
商品詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

こちらを見ていただくと、下記のような特徴をご理解頂けるかと思います。

  • 価格はハンディクリーナーの中で最安値
  • タンクの容量については比較的大きめ
  • 重量についてもかなり大きめ!

このようにポイントだけを整理してみると「安いけど、取り回しに難アリの製品」となるんですね。では、より詳細についてお伝えしていきたいと思います。

非力な方にはちょっときつい?HSC1210の重さとは

まず最初にお伝えしたい特徴として、その「重さ」が挙げられます。
ハンディタイプのクリーナーというのは、基本的には「左手に持った状態で利用をする」という製品になります。そのため非力な方にとっては、かなり重さというのはシビアな問題になるんですね!

handy
(手に持った図です)

そこで「本体の重さ」に加えて「満水時の重さ」を、まずは見てみましょう。

シャーク
ポータブル
H2O
スチームFX
STM-306 STP-102 HSC1210
商品画像 shark-portable h2o stem-306 stp-102 hsc-1210
重量 1.5kg 980g 2kg 1.6kg 2.45kg
タンク容量 400ml 225ml 300ml 300ml 350ml
満水時の重さ 1.9kg 1.2g 2.3kg 1.9kg 2.8kg

こうやって比べてみるとわかりますが、、、
水をマックスに入れた状態の重さとして、HSC1210は「2.8kg」となるんですね。

これ、実際に持ってみると、かなり重さを感じる内容となります。

使ってる際に重さを感じる事も多々あると思うので、購入前にこの点だけはしっかりとチェックをしておいて下さい!

HSC1210はかなり安い?!その理由とは

次にお伝えしたい内容として、その「価格」が挙げられます。
「ハンディスチームクリーナー」というくくりで見ると、実はHSC1210は最も安い製品となっているんですね。

このような価格になる理由としては、やはり上でお伝えしたような「製品自体の大きさ」となります。基本的に、スチームクリーナー等の製品というのは、小型化をしようとすると、どうしてもコストがかかってしまいます。しかし、当製品はあまり小型化が意識をされていないため、必然的に安くなっているのです。

単純に「安いから」という理由だけで飛びつくのではなく、製品の特徴をしっかりと見極めていきましょう。

HSC1210のセット内容について解説

では次に、当製品に付属しているセットの内容について解説をしていきます。

set

セットの内容(9種類11個)

ハンディ用延長ノズル、ジェットノズル、小ブラシ(黄色・緑・青)各色1、デルタヘッド、デルタパッド、先細ブラシ、バーベキューブラシ、給水カップ、アクセサリーバッグ

このようなセットの内容を確認していただくとわかるのですが、、、
「基本的な内容は充実しているか、細かい所に手は届いていない内容」となります。

例えば、ハンディタイプで最もオススメをしている「シャークスチームポータブル」と比較をしてみると、シャークに付属している「筒型ヘッド(細かいところの掃除に利用)」等が当製品には含まれておりません。

また、当サイトで最もオススメをしている、キャニスタータイプの「スチームファースト」と比べると、その差は歴然にあらわれてきてしまうんですね。(スチームファーストの付属内容を下記に記載します)

huzoku

本気で家中を掃除したい場合、残念ながらHSC1210では若干内容不足となってしまいます。そのため「今考えている掃除の内容とフィットしている」という場合のみ、是非HSC1210をご検討下さい。

>>HSC1210の購入サイト<<

当サイトで断固オススメのクリーナーは「スチームファースト」です

ここまで「HSC1210」について解説をしてきたのですが、残念ながら当サイトでは下記のような理由もあって、HSC1210はあまりオススメが出来ません。

  • 洗浄力が圧倒的に不足をしている
  • アタッチメントの数が不足をしている
  • 保証が十分ではない

上の中でやはり最大の問題として挙げられるのが「洗浄力(スチーム力)」になります。

これは、ハンディタイプであればどの製品にも言えることなのですが、、、
どの製品も「持ち運びやすさ」を重視するあまり、スチームを作り出す力において、明確に不足をしている点が目立っているんですね。

具体的に、レビューを見てみても下記のような記載を見ることが出来ます。

温度も吹き出しもかなりイマイチであまり効果無しです。安物買いのなんとやらになりそう。買い換えます。

スチームクリーナーは本当に多種多様な製品が発売しているのですが、その中でも「安定したスチーム力」というのはごくわずかな製品しかありません。そこで、当サイトで最もオススメをしているクリーナーが「スチームファースト」となるのです。

お掃除仮面イチオシです!
スチームファースト
星5個
5
運営会社 B&Hリサーチ
価格 19900円
内容物 クリーナー+アタッチメント

性能・価格等をトータルに健闘をした結果、現在もっとオススメ出来るのがこちらの商品となります。是非候補に加えてみて下さい。

スチームファーストは「アメリカamazonで最も評価の高い製品」というだけあって、極めて安定した内容を誇っています。

そして、具体的にHSC110と比較をすると下記のようになります。

スチームファースト HSC1210
商品画像 2500c HSC1210
総合評価
とても良い
良い
価格
良い
19900円
とても良い
7550円
スチーム力
とても良い
文句なし
ダメ
不満あり
連続稼動
時間
とても良い
45分
ダメ
12分
準備時間
ふつう
7分
とても良い
1分
アタッチメント
総数
とても良い
13種類18個
良い
11種類13個
おまけ1
とても良い
スチームマジック
ダメ
無し
おまけ2
とても良い
カルキ除去パウダー
ダメ
無し
公式HP 公式HP 公式HP

是非両製品を見比べて、ご自身にピッタリの製品をご購入下さい。
(私のオススメは、やはりスチームファーストとなります)

スチームファースト公式サイト