1. ホーム
  2. ≫スチームクリーナーの使い方や汚れ別の情報を解説

スチームクリーナーの使い方や汚れ別の情報を解説

当ページは、スチームクリーナーの基礎知識をお伝えしております。
基本的な知識だけでなく、汚れ別の解説なども行っておりますので、ご自身の気になる汚れの落とし方等を是非ご確認下さい。

高圧洗浄機の徹底解説

スチーム商品の基礎知識

スチーム商品の関連情報

スチーム商品の汚れ別解説

スチーム商品の場所別解説

スチーム商品の気になる点を解説

当ページでは、スチームクリーナーの基礎知識として気になる点をまとめております。
Q&A形式で、特に気になる点をお伝えしていきますので、是非内容をご確認下さい。

スチームクリーナーが得意な汚れは何ですか?

スチームクリーナーは蒸気によって汚れを落とすため「油汚れ」等の汚れが極めて得意となります。また温度によって殺菌も可能ですので、見た目以上に掃除対象をキレイにする事も得意となります。

殺菌はどの程度可能ですか?

スチームクリーナーの蒸気は130℃で、噴射口付近で100℃だと言われています。そのため、その温度で殺せる雑菌であれば、スチームクリーナーを当てるだけで殺菌が可能となります。

スチームクリーナーが苦手な汚れは何ですか?

様々な汚れに対応出来るスチームクリーナーですが、傷の間に入り込んでしまった汚れ等は対処が不可能となります。特にお風呂の傷に入り込んだ汚れなどは落とすことが不可能ですので、予めご了承下さい。

利用してはいけない対象を教えてください

基本的に「ワックス・塗料などがついている対象」の掃除は不可能となります。こういった対象にスチームを利用してしまうと、ワックス剥がれなどの原因となってしまいます。そのため、車のボディなどへの利用はお控え下さい。

利用を行っていく際のコツは何かありますか?

適切なアタッチメントの利用が極めて重要となります。汚れの種類によって「パッド越しのスチームがいい場合」と「直接スチームを当てた方が良い場合」の2つに分けることが出来ます。この両方を適切に見極めて、正しく利用をしていくようにしましょう。