1. ホーム
  2. クリーナー基礎知識解説
  3. ≫スチームクリーナーのオススメの使い方とは!使用先を解説

スチームクリーナーのオススメの使い方とは!使用先を解説

howtouse

当ページでは「スチームクリーナーの使い方」について解説をしております。
スチームクリーナーは便利な製品になるのですが「どう使っていいかわからない」と言う状況になり、購入後に手持ち無沙汰になってしまっている方が多数いらっしゃいます。
そこで、当ページでは具体的な使い方について解説をしていきますので、是非内容をご確認下さい!

使い方の基礎知識 ※最初の水切りは行おう!

具体的な使い方について解説をする前の話となるのですが、、、
スチームクリーナーを行う際には「最初の水切り」を行うようにしてください。

これは、特にケルヒャーのスチームクリーナー(キャニスター型)等に良く発生する内容となるのですが「水切りを行わなかった結果、最初にスチームではなく、お湯が出てしまう」という事があります。

これを解決するためには、まずはスチームが安定するまで何度か出すようにしてください。
(このために、最初のバケツの用意は重要になります)

一度安定したら問題なく利用可能となりますので、まず最初に必ず行うようにしましょう。
(機種によっては水切りは必要ないので、ご自身の機種の挙動から見極めて下さい)

スチームクリーナーの使い方

では次に「使い方の詳細」について解説をしていきます。
一般的には、スチームクリーナーと言えば「油汚れへの対処」ばかりがイメージとして浮かぶかと思います。しかし実際には、大枠として下記の様な内容に利用が可能となるのです。

  • こびりつき汚れの掃除
  • 油汚れの掃除
  • 除菌
  • 掃除しにくい箇所の掃除

スチームクリーナーは、本当に様々な部位に利用を出来るのですが、逆に利用可能な範囲が広すぎる結果「何に使っていいかわからない」という方も多数いらっしゃいます。

そこでこちらでは「上でご紹介した箇所のより細かいポイント」をお伝えしていきますので、是非これらをご参考の上、ご自身の掃除に活かしてみて下さい。

こびりつき汚れの掃除

まず最初に挙げられる内容としては「こびりつき汚れの掃除」となります。
一言で「こびりつき汚れ」と言っても、実際には下記の様な内容が存在をしています。

  • エアコンの汚れ
  • お風呂のカ 
  • ペット関連の汚れ
  • 電子レンジ内の汚れ
  • 冷蔵庫内のちょっとした汚れ

普段生活をしていると、徐々に「ちょっとしたこびりつき汚れ」が出てきてしまいます。
一般的に「エアコンの汚れ」や「お風呂の汚れ」等は皆さん思いつくかと思いますが、それ以外にも冷蔵庫内の汚れなども存在をしているんですね。

冷蔵庫の中というのは、実は私達が思っている以上に汚れてしまっています。
普段ちょっとしたタイミングでこぼしたりするため、どうしても汚れが蓄積していってしまうんですね。

そこで、冬等の「比較的中の物を外に出しておいても大丈夫なタイミング」を狙って掃除をすることが重要になります。(私の家では、毎年大掃除のタイミングを見計らって、一度冷蔵庫の中もキレイにするようにしています)

一度掃除を行えば、冷蔵庫内の臭いなども軽減が出来るため、オススメです。

油汚れの掃除

次に挙げられる内容が「油汚れの掃除」となります。
「スチームクリーナーと言えば油汚れ」と言っても良い位一般的にも認知をされているので、購入した大半の方が、一度くらいはキッチン等の掃除を試みたかと思います。

実際の問題として、スチームクリーナーのスチームが極めて油に効果的なため、本当に効率的にキッチンの掃除が出来るようになっているんですね。

また、このような一般的な掃除箇所だけでなく、他に挙げられる内容としては「キャンプ用品の掃除」等が挙げられます。例えば、キャンプの際のBBQセットなどは、一度使うと次使うのはかなり先な事が一般的だと思います。

そのため、使用を終えたタイミングで「スチームで全体を掃除」というのは、本体を長持ちさせるために効果的な内容となってくるのです。

油汚れなどは、放置しておけばするほど悪化をしていってしまいます。
できるだけ早い段階で、スッキリ掃除するようにしましょう。

除菌

次に挙げられる内容が「除菌」となります。
購入直後の段階では、あまりこの点について意識をする人は多くないのですが、、、
実は、下記のようにかなり幅広く利用が可能となるのです。

  • 枕などの寝具の除菌
  • 赤ちゃん用品の除菌(おもちゃなど)
  • まな板の掃除
  • 犬の寝具の除菌
  • 車のシートの除菌

このような内容となりますので、特に赤ちゃんをお持ちのご家庭にとっては効果的にご利用頂けるかと思います。普段使う寝具だけでなく、赤ちゃんのちょっとしたおもちゃ等、まとめて除菌が可能となるんですね。

また「まな板の掃除」も一般的には見落としがちなポイントかと思います。
スチームを当てれば、極めて簡単に除菌が可能となりますので、是非行ってみて下さい。

掃除しにくい箇所の掃除

最後に上げられる内容が「掃除しにくい箇所の掃除」となります。
若干曖昧な表現となってしまうのですが、例えば下記の様な内容が挙げられます。

  • レールなどの入り組んだ部位
  • シャートイレのノズル部分の掃除

上の2つの中で、特に掃除をして頂きたいのが「シャワートイレのノズル」となります。
シャワートイレのノズルというのは、本来であれば衛生的でないといけない部位です。
しかし、通常の使用だけでは汚れが積もっていってしまい、不衛生な状態となってしまうんですね。

だからこそ、スチームを当てて掃除&除菌することが重要になるのです。
こちらもスチームの掃除が効果的な部位となりますので、取り組んでいきましょう。

オススメの使用法~まとめ~

以上が「クリーナーの使い方のまとめ」となります。
油汚れ等に注目が集まってしまいますが、実際にはこのように多種多様な汚れに対応を頂くことが出来るんですね。

ただ、実際には全てのクリーナーで幅広い掃除が可能というわけではなくて、、、
下記製品の様な「キャニスター型のスチームクリーナー」が様々な内容にご利用可能な製品となります。

お掃除仮面イチオシです!
スチームファースト
星5個
5
運営会社 B&Hリサーチ
価格 19900円
内容物 クリーナー+アタッチメント

性能・価格等をトータルに健闘をした結果、現在もっとオススメ出来るのがこちらの商品となります。是非候補に加えてみて下さい。

「キャニスター型(掃除機型)」のスチームクリーナーの中で、上の製品が最もオススメの製品となります。価格や付属品・性能等、どれを持ってもオススメ出来る内容になっておりますので、迷った際はまずこちらをご確認下さい。

スチームファースト公式サイト