1. ホーム
  2. クリーナー基礎知識解説
  3. ≫スチームクリーナーの方式を徹底解説

スチームクリーナーの方式を徹底解説

sr

当ページでは、スチームクリーナーの「方式」に絞って解説をしていきます。
スチームクリーナーには「ボイラー方式・ポンプ方式・パネル方式」がありますが、詳細がわかりませんよね?そこで当ページでは、それぞれの詳細についてお伝えしていきます。

各方式ごとの詳細を解説

では最初に「各方式の基礎知識」について解説をしていきます。
そもそも、スチームクリーナーというのは、下記3つの方式に分けることが出来ます。

  • ボイラー方式
  • ポンプ方式
  • パネル方式

一般的なメーカーの表記では「ボイラー式」と「パネル式」が大多数を占めています。
と言うのも、、、「ボイラー方式」と「ポンプ方式」は同じ内容なため、いちいち併記がされていないんですね。

では、両方式の詳細について解説をしていきます。

ボイラー方式(ポンプ方式)の解説

ボイラー方式(ポンプ方式)は、密閉されたタンクの中で加熱をし、高温・高圧の蒸気を作り出していく手法となります。130℃-150℃前後にまで沸騰をさせた後に蒸気として噴射をするため、噴射地点で100℃を超えるなど「品質の良いスチーム」が特徴となります。

「しっかりとしたスチームを作る方式」となるため、準備時間が7分程度かかるのが一般的となります。(ポットでお湯を作る時間をイメージ下さい)

パネル方式の解説

パネル方式は、その名の通りパネルを熱し、そこに水を当て、生じたスチームを噴射する内容となります。

仕組み的に「30秒-1分程度」で、すぐにスチームが出来上がるのですが、その代わりに「温度の低い(70℃-90℃程度)」スチームが出るのが特徴です。
スチームの質・量的にはボイラー方式に劣ってしまいます。

こうやって見て頂ければ、、、それぞれのイメージをなんとなくご理解頂けたのではないでしょうか。両方式とも一長一短ではあるのですが、やはり個人的には「質の良いスチームを長時間出せる」という理由から、ボイラー方式をオススメさせて頂いております。

主要製品はどっちの方式?それぞれの方式を改めて確認!

では次に、スチーム商品の方式について、詳細を解説していきます。
基本的には、スチーム製品というのは「キャニスター型・モップ型・ハンディ型・2in1型」が存在しているのですが、それぞれ下記のような内容となっているのです。

商品画像 加熱タイプ 商品情報
キャニスター型 1020 ボイラー方式 キャニスター型は掃除機と同じ形のモデルとなります。他のモデルに比べてタンクの容量が大きいため、長時間・安定的なスチームを噴射出来るのが特徴です。(ただそのかわりに、取り回し等では他の製品に劣ってしまいます)
モップ型 1020 パネル方式 床掃除に特化した、クイックルワイパーの様なモデルがこちらになります。パネル式のため、スチームの質・時間はよくありません。
ハンディ型 1020 パネル方式 持ち運びに特化したモデルとなります。パネル方式のため、スチームの質・量はよくありません。
2in1型 1020 パネル方式 モップ型・ハンディ型を1つにしたのが「2in1モデル」となります。こちらもパネル方式のため、あまりスチームの質はよくありません。

こうやって見ていただくとわかるのですが・・・
「キャニスター型」に対して「モップ型・ハンディ型・2in1型」が存在している状況となります。(小さいモデルにしようとすると、どうしても「パネル方式」にしないといけないため、これはある意味当然とも言えます)

あなたにオススメの商品とは?!方式ごとに解説

では次に「あなたの希望ごとにおすすめ商品の解説」を行っていきます。
正直、スチーム製品というのは「希望する掃除内容」によって、オススメする内容がかなり異なってきます。そこで、それぞれQ&A形式で解説していきますので、是非ご確認下さい。

とにかく色々な事に使いたいです!

幅広い内容に利用をしたいという事であれば、圧倒的に通常のキャニスターモデルがオススメです。一見ハンディモデル等に惹かれてしまいますが「連続稼働時間が15分」等、本気で掃除を行う上では疑問が残ってしまいます。長期で1つの商品の利用を考えているなら、是非キャニスターモデルを購入下さい。

>>キャニスター型の一番人気商品<<

床掃除しか考えていません

「床掃除だけ行えればOK」という事であれば、モップモデルがおすすめとなります。ただ、キャニスターモデルなどでも床掃除は可能ですので「スチームのクイックルワイパーがほしい」と言ったかなり具体的な考えをお持ちの方のみ、モップタイプをご購入下さい。

>>モップ型の一番人気商品<<

軽く持ち運べる内容が欲しいです

「クリーナーを軽く持ち運びたい」という事であれば、ハンディタイプがオススメです。ただ、こちらも連続稼働時間が短いため、掃除をいちいち中断されがちです。基本的にはキャニスター型の方がオススメですが、ご老人等で「重いモデルは持ち運べない」という事であれば、ハンディタイプがオススメです。

>>ハンディ型の一番人気商品<<

2in1型って良いところはないの?

基本的にはありません。「良い所取り」をしようとして、失敗して「悪いとこ取り」になってしまっております。こちらを購入するなら、素直にキャニスター型を購入していきましょう。

>>2in1型の一番人気商品<<

オススメはスチームファーストです!

ここまで色々と解説をしてきましたが、、、
オススメのスチームクリーナーは「スチームファースト」一択となります。

お掃除仮面イチオシです!
スチームファースト
星5個
5
運営会社 スチームファースト.com
価格 23800円
内容物 クリーナー+アタッチメント

性能・価格等をトータルに検討をした結果、現在もっとオススメ出来るのがこちらの商品となります。是非候補に加えてみて下さい。

やはり、価格・性能・アタッチメント等のバランスが素晴らしいため、他の製品に比べると遥かに優れた内容となっているんですね。レビュー等も本当に素晴らしい製品ですので、まずは公式サイトをご確認下さい。

スチームファースト公式サイト